クレジットカード基礎知識


年会費無料おすすめクレジットカード:楽天カード

ポイント還元率や特典などとってもお得な年会費無料のクレジットカード。ポイント還元率は1%。さらに楽天市場内のショッピングでは3倍の3%になります。
楽天市場を使っている方も、そうでない方もお得な年会費無料クレジットカードです。
>> 楽天カード詳細情報

クレジットカード基礎知識について

クレジットカードの基礎知識では、クレジットカードの基本から年会費無料のクレジットカードに関する様々な疑問に回答していきます。クレジットカードというものは、とても便利なアイテムですが、使い方を間違えると無駄な手数料を払ったり、浪費の原因ともなります。

クレジットカードに対する正しい知識を持って、上手にクレジットカードを選ぶようにしましょう。


便利なだけじゃない、使い方によっては借金地獄に陥る危険も

クレジットカードはあれば便利ですし、上手に活用すればポイントなどで得をすることができます。その一方で「クレジットカードで借金を作ってしまった」という人や「カード地獄」という言葉もある通り、クレジットカードの使い方を間違ったせいで、大きな損をしてしまう人もたくさんいます。

正しい知識を身につけて、賢く使うこと。それがクレジットカードを使うための必要条件です。

このページでは、クレジットカードの仕組みなどの基本的な知識から、これからカードを使う上で絶対に知っておきたい注意点などを解説していきます。

これから初めてカードを作るという方は特に、大切なことですのでぜひご一読いただければと思います。

 

クレジットカードとは何か?

クレジットカードとは、「信用」による決済を可能としたカードのことを指します。クレジットカードでの決済では、カード会員(クレジットカードホルダー)のお買い物を始めとしたクレジットカード利用に対して、一旦カード会社が利用者の信用を元に決済を行い、その後、会員はカード会社に後日その代金を支払うという「後払いシステム」です。
>>クレジットカードとは何か?

 

クレジットカードを利用するメリットって何?

クレジットカードを使うメリットとしては一つは「ポイントプログラム」を始めとした特典があるということです。その他にもクレジットカードの発行会社によって利用者に対して色々な特典をプラスしていることがあります。こうした特典を上手に活用することがクレジットカードを上手に利用する上で必要なことだといえます。
>>クレジットカードを利用するメリットって何?

 

年会費をポイントでペイするために必要なお買い物額

クレジットカードの年会費をポイントでペイするために必要なお買い物額はどのくらいの金額になるのでしょうか?最近では年会費がかかる代わりにポイント還元率が高いカードも登場しているようですが、そうしたカードのメリットは大きいのでしょうか?
>>年会費をポイントでペイするために必要なお買い物額

 

カード会社がクレジットカードの年会費を無料にできる理由

当サイトでは、紹介するクレジットカードを原則「年会費が無料」のクレジットカードに限定していますが、なぜ年会費が無料のクレジットカードをカード会社は発行することができ、かつ付帯保険やポイントなどの優遇サービスを提供する事ができるのかを解説していきます。
>>カード会社がクレジットカードの年会費を無料にできる理由

 

年会費という固定費はできるだけ作らない方がいい理由

クレジットカードに限った事ではありませんが、「年会費」のような費用はできるだけ作らない方がいいです。その理由は「人はいつでも合理的ではない」からです。以外と年会費のことを忘れることも多いですし、気がついても少額だと「まあいいや」と思ってしまうこともあります。そうした小さな積み重ねが家計の無駄を作るのです。
>>年会費という固定費はできるだけ作らない方がいい理由

 

クレジットカードの発行会社(カード会社)と国際ブランド(カードブランド)の違い

クレジットカードにはそのカードを発行する会社と、決済会社を示すカードブランド(国際ブランド)が書かれているはずです。この違いとそれぞれの役割はどのようなものなのか?ということを紹介していきます。クレジットカードを普段から使っている人でも意外と理解していない人が多い項目です。
>>クレジットカードの発行会社(カード会社)と国際ブランド(カードブランド)の違い

 

 

年会費無料のクレジットカードの賢い選び方

年会費無料のクレジットカードを選ぶ(作る)時にぜひとも抑えておきたいポイントや注意点をを紹介していきます。

 

条件付き年会費無料のクレジットカードに注意

年会費無料を謳うクレジットカードの中には「条件付き」となっているものも多くあります。たとえば、年に1回でも使えば年会費無料と言ったものや●万円以上なら無料とか、携帯電話の引き落としを設定すれば無料といったものもあります。こうしたカードは条件を満たせない時に年会費がかかります。意外と忘れてて年会費がかかるというケースもあるのでご注意ください。
>>条件付き年会費無料のクレジットカードに注意

 

年会費無料だからといってカードを作り過ぎない

年会費が無料ならいくらでもカードを作ってもいいと思うのはやめた方がいいです。理由は「カードを管理できなくなる」という点と「与信残高が増え過ぎてしまう」という点、「ポイントが貯まらない」という点の3つが挙げられます。用途別に作る場合でも5枚くらいまでを上限にすると良いかと思います。
>>年会費無料だからといってカードを作り過ぎない

 

クレジットカードには「審査」がある

クレジットカードはカード会社が利用者に対して信用を供与するという性質上、申込をした場合必ず「審査」が行われます。クレジットカードを利用するにはまずは審査に通過する必要があります。ここでは、実際にどのような審査が行われるのか?また、審査を通過するためのポイントなどをまとめていきます。
>>クレジットカードには「審査」がある

 

 

クレジットカードを賢く使うための基本

クレジットカードは上手に活用すればメリットが大きな金融サービスです。一方で間違った使い方をすると損をしたり、将来にわたって大きな問題を引き起こすことも考えられます。上手に賢く使いましょう。

 

まずは必ずクレジットカードの裏面に署名をする

クレジットカードが手元に届いたら、まずは必ずカードの裏面にあるサイン欄に自書でサインをするようにしてください。これが無い状態で不正利用されると、万が一カードの不正利用などがあった場合でも補償されなくなってしまいます。
>>まずは必ずクレジットカードの裏面に署名をする

 

クレジットカードの暗証番号もとっても大切

署名と同じように大切なものが「暗証番号」です。最近ではICクレジットカードが増えてサインではなく、暗証番号による本人確認が行われるケースも増えています。暗証番号が不正利用された場合にはクレジットカードの盗難保険の適用が対象外となる場合もあるので推測されにくい番号にする必要があります。
>>クレジットカードの暗証番号もとっても大切

 

クレジットカードを家族や友人に貸してはいけない

よくあるクレジットカードのダメな使い方としてカードを「貸す」というものがあります。どれだけ信頼できる人であってもクレジットカードの貸し借りはしてはいけません。そもそも利用規約に反する内容となってしまいますし、万が一のことがあった場合に盗難保険などの補償が受けられなくなってしまいます。
>>クレジットカードを家族や友人に貸してはいけない

 

クレジットカードの料金未払いはNG

まず、クレジットカードを使う上で絶対に抑えておきたいポイントの筆頭が料金未払いです。クレジットカードの利用料金はおおよそ翌月の10日〜15日位に引き落としとなります。多くの場合は銀行口座からの引き落としという選択がされることになります。この時に引き落としができなかった…。なんてことになるのは絶対にダメです。
>>クレジットカードの料金未払いはNG

 

カードの無駄な手数料は払わない。分割払い・リボ払いは使わない

クレジットカードを使う上で一番いやなものが「金利・手数料」を払うということです。クレジットカードの利用料金を分割払いやリボ払いといったように分割で返済する形をとると年利にして15〜18%という高額な金利が発生することになります。こうした支払方法は「金利負担が生じてもったいない」だけでなく「家計の適正化」という観点からも大きな問題となります。
>>カードの無駄な手数料は払わない。分割払い・リボ払いは使わない

 

リボ払い専用カードで手数料を1円も払わずに得する方法

リボ払いについては絶対にするべきではないのですが、「リボ払い専用カード」のようなクレジットカードは年会費が無料なことが多い上で、ポイント還元率も高く利用者サイドから見ても魅力的です。こうしたカードは「上手に活用すれば」手数料を払うことなくお得に使えます。それは「リボ払い専用カードでリボ払いをしないこと」です。矛盾しているように見えますが、現実的にこれは可能です。
>>リボ払い専用カードで手数料を1円も払わずに得する方法